早起きの習慣がお勧めな理由

よく、歳をとると長く眠ることができなくなるということを聞きます。

なぜ歳をとると早起きをするようになるのか

早起きの習慣がお勧めな理由 よく、歳をとると長く眠ることができなくなるということを聞きます。イメージですが、老人は朝とても早起きしているように思います。なぜ人は歳をとるにつれて早起きをするのでしょうか。若い頃はあまり眠いという感覚がないかもしれませんが、社会人になると仕事に疲れ、朝起きられなくなる、一秒でも多く寝ていたいといった若者が多くいます。若者より中高年の方が体力は衰えてくはずなのに、なぜ早起きをするのでしょうか。

ただ単に寝る時間が早いということだけではありません。確かに老人は夜の8時、9時に寝る方もいらっしゃるようですが、朝(深夜?)3時、4時に起きる方も多くいます。睡眠時間にしてみれば6、7時間で決してたくさん寝ているとは言えません。中には4時間もすると目が覚めてしまうという老人もいます。これは、年齢と共に睡眠が変化しているということです。中高年期になると、脳の機能が弱まり覚醒と睡眠のいずれでもその状態を持続できなくなるようです。覚醒が持続できないため、早い時間に眠くなりますが、早い時間に寝付いても睡眠圧が弱いため眠り続けることができないということです。

ずっと疑問に思っていましたが、若者とは睡眠の違いが多くあるようです。自分もそう変化していくのか少し楽しみでもあります。早寝早起きを心がけていきましょう。

オススメのサイト

Copyright (C)2017早起きの習慣がお勧めな理由.All rights reserved.